スポンサードリンク


混泳水槽でのエンゼル稚魚の育て方


混泳水槽でのエンゼル稚魚の育て方はどうすればいいのでしょうか?
自然界では、当然、混泳水槽のような状況で、エンゼルフィッシュも産卵・孵化・子育てをしますから、無理ではありません。

しかし、やはり、混泳水槽でエンゼルフィッシュの稚魚を育てれば、無事に成長するエンゼルフィッシュの割合は下がってしまいます。
稚魚の状態で、他の熱帯魚に捕食されてしまう事もありますし、卵が狙われることもあるでしょう。

そして、親のエンゼルフィッシュは子供や卵を守ろうとします。
産卵場所を縄張りとし、近づいてきた熱帯魚を攻撃するようになりますし、喧嘩になってしまいます。

ちなみに、この時期には、人が卵を別の場所に移動させようと手を出しても、人も攻撃されてしまいます。
それくらいに、親エンゼルフィッシュは卵・稚魚を守るのに必死です。

水草が密集した環境ならば、ある程度、稚魚が水草の中に隠れることができたりして、大きく成長する割合も増えるようです。
しかし、やはり、他の熱帯魚と親エンゼルフィッシュの喧嘩の問題や、エンゼルフィッシュの稚魚が他の熱帯魚に捕食されてしまうリスクを考えたら、稚魚を育てて無事に繁殖させたいのなら、隔離するべきでしょう。

親エンゼルフィッシュのペアができた時点で、他の水槽(産卵用)に移して、産卵・孵化・子育てを見たり、プラスチックケースで、他の熱帯魚が、エンゼルフィッシュのペアのテリトリーに入ってこれないように工夫したりするのが安全で良いでしょう。
また、産卵が確認できた時点で卵だけ移すのも良いでしょう。

エンゼルフィッシュはペアでいる限り、ペアで産卵を繰り返していきます。
飼育できる範囲での繁殖に留めるように気をつけましょう。


| 混泳水槽でエンゼルフィッシュ稚魚を育てる?
スポンサードリンク

FX
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。