スポンサードリンク


繁殖でエンゼルフィッシュを増やすには?


繁殖をして、エンゼルフィッシュを増やしてみませんか?

繁殖の際、気をつけたいのは生き物であることを、しっかりと自覚する事です。
繁殖したエンゼルフィッシュを飼える環境はありますか?

無責任に繁殖を繰り返して飼えなくなってしまうのはダメですよ。
「エンゼルフィッシュ譲ります」といった話も聞きますが、必ず貰い手が見つかるものではありません。

まず、繁殖の方法の前に、自分が増えたエンゼルフィッシュを飼う事ができるのかを、もう一度考えてみましょう。

エンゼルフィッシュは、熱帯魚の中でも中型の小さいとはいえないサイズの魚です。
繁殖して飼えるだけのスペースがありますか?
しっかりと、考えてみましょう。

実際に繁殖を行うのは、エンゼルフィッシュは比較的容易な部類に入ります。
繁殖目的で飼うのも、繁殖を考えずに育てるのも、飼育方法に大きな違いはありません。

重要なのはペアリングです。
当然、繁殖のためには雌雄のペアになってもらわなければなりません。

ペアリングについても、特に何もしなくても、雄と雌が同じ水槽に居る事で、ペアを作ります。
性別の判断については、目立った違いがないので、慣れていない人には難しいそうです。

逆に言うと、繁殖のために人間が無理やりペアリングを行う事も出来ません。
あくまで、繁殖目的でも、自然にペアになるのを待ちます。

ペアになったエンゼルフィッシュは、2匹が寄り添うように泳ぎだします。
ペアができたら、繁殖用の水槽にペアを移すと良いでしょう。

ペアができあがるとテリトリーに入ってきた別のペアと喧嘩する事があります。
エンゼルフィッシュは、卵を守れないような状況を感じると、卵を食べてしまう事もあるようです。

そうすると、産卵場所を探し、確かめるような行動を取りだします。(つつく、見つめるなど)
繁殖のために、気にいった水草などに、楕円形の卵を産卵します。

孵化まで、その卵を守るような行動も見られます。
孵化を待ちましょう。

大まかな繁殖の流れは以上のようなものです。
命を扱う責任を感じエンゼルフィッシュの繁殖を行いましょう!


| 産卵させてエンゼルフィッシュを繁殖!

産卵はエンゼルフィッシュ飼育の醍醐味!


産卵はエンゼルフィッシュを育てる上で楽しみのひとつです。
エンゼルフィッシュの産卵繁殖は見どころだと言えますね。

ただし、安易に産卵繁殖させないようにしましょう。
命を取り扱っている事を忘れずに・・・。

エンゼルフィッシュの産卵は、エンゼルフィッシュの雌雄がペアを作るところから始まります。
エンゼルフィッシュがペアを作ると寄り添って泳ぐようになり、産卵場所を吟味しだします。

水草などを、つっついてみたり、じっと見ていたりします。
この時期は産卵に向けての準備期間なので、水槽を叩いたり、凝視し注目し過ぎないように注意しましょうね。

そして、産卵場所が決まると、メスが楕円形の卵を産卵します。
産卵された卵には、オスがすぐに受精させます。

産卵作業が終わると、オスとメスが交代でしながら、卵に水流を送っていきます。
この時期に卵を別の場所に移そうとしたりすると、親魚から攻撃されます。

とても、子供を思いやる熱帯魚だということが分かりますね。
この親子愛は、エンゼルフィッシュを育てるのなら一見の価値ありです。

そうして、孵化するまで両親は卵を守り続けるのです。
これが産卵の流れです。

不必要な産卵繁殖は、飼い主として避けなければいけないものです。
なぜなら、必要以上に増えて困ってからでは遅いからです。

中型と、それなりの大きさがあるエンゼルフィッシュです。
産卵によって増えて、水槽内にスペースが無く窮屈な飼育環境になってしまっては困ります。

ただ、エンゼルフィッシュを飼育するのなら、この産卵は1度は見ておきたいものです。
しっかり、飼育していける環境が作れたのなら、産卵を見ることをオススメします!

エンゼルフィッシュを飼っていなければ体験できない感動が産卵にはあることでしょう。
エンゼルフィッシュを飼育し産卵繁殖を見てみましょう!
| 産卵させてエンゼルフィッシュを繁殖!
スポンサードリンク

FX
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。